【投資信託】買うタイミングは3つあります【個人投資家がわかりやすく解説】

HARA

投資信託買うタイミングについて知りたい

投資信託売るタイミングについて知りたい

というあなたに向けて、

この記事では、投資信託を買う絶好のタイミングと、適切な売りタイミングについて書きます。

この記事を書いている僕(@engineertamago)は、現在、投資信託を始め、株式投資なども行いながら、資産運用をしており、現在、資産はプラスになっています。

なので、ぜひあなたにも将来に備えて、堅実にお金を増やしてもらうべく参考にしてもらえたら幸いです。

投資信託を買う3つのタイミング

経済が不景気、暴落している時

今がまさにそのタイミングでもあったりします。

経済が低迷、不景気に突入している時は、投資信託を買う上では実はチャンスと言えます。

なぜか?

割安で投資信託を買えるからです。

例えば、1つ、1万円の投資信託があったとします。

でもこれは不景気で1つ5千円で売られたらどうですか?

1万円出したら、いくつ買えますか?

そうです、2倍の2つも買えちゃうんです。

お得じゃないですか?

仮に3年後、1つが1万円に戻ったら、

・1万円で買ったものが、2万円になる

ってことなんですね。

なので、経済低迷機、不景気の時に、投資信託を買っておくのはおすすめです。

HARA
特に長期ならなおさらですね〜

投資信託を始めようと思った瞬間

あとは、正直、投資信託って長期戦でコツコツ勝負です。

なので、いつ始めても長いスパンでみると、そこまで大きな差ってないんですよね。

長い時間での平均が最終結果になるので。

なので、やりたいと思った時に始めるのはいいです。

むしろ、タイミングよりも早ければ早いほど、若ければ若いほど、長い時間をかけて、コツコツと複利で資産を増やせます。

なので、

”今すぐやる”

のがベストタイミングですね。

HARA
2020年3月現在は、世界的に株価が下がっているので、コツコツ長期積立勢にとっては大きなチャンスでもありますしね。

余剰資金ができた時

前提として、資産運用は余剰資金で行うので、余剰資金ができた時も買うタイミングですね。

人間どうしても、欲望が出て、お金があると無駄遣いをします。

なので、それだったら、余剰資金ができたら、すぐに、投資信託にあてちゃいましょう。

将来、増えて戻ってくるので。

HARA

資産運用に100%は存在しないので、それはお忘れなくですよ。

投資信託を売るタイミングはたった1つです

売るタイミングはたった一つで、シンプルです。

お金、現金が必要になった時です。

当たり前ですが、資産運用のゴールって、何かしらに使うお金作りですよね。

なので、必要な時に、必要な分を取り崩して使えばいいと思います。

HARA

個人的には、長期で複利効果を最大化させたいので、なるべく崩さずにはしようと思っています。でも、急な入院などがあれば、崩しますけどね、緊急事態なので。

投資信託を一番学べるのは実際に投資信託を買うこと

最後に、まだ投資信託を始めていない人に伝えたいことは、

”一番投資信託を学べるのは、実際に少しでもいいので買ってみる”

ということです。

そうすると、感覚的にもわかるし、いやでも勉強するようになります。

なので、

「まだ口座すら作ってないぜ!」

という人は、実は、現金を使うリスクを追わずに、投資信託ができる方法があります。

なので、そうゆうのも参考にしつつ、チャレンジしてみてくださいね。

その記事は、下に載せておくのでよかったら見てください。

それではごきげんよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です