【資産運用】ポートフォリオの重要性、おすすめの割合【多様性で守りつつ勝つ!】

どうも個人投資家のHARA(@engineertamago)です。

この記事では、資産運用においてのポートフォリオの重要性、割合について、かんたんに書きます。

資産運用においてのポートフォリオとは

資産運用においてのポートフォリオとは、かんたんにいうと、さまざまな性質の資産に分散をしてできあがるものです。

イメージとしては、卵をいくかのカゴに分けてもっておくといったイメージですかね。

このポートフォリオを組むことで、リスクリターンのバランスをとって、大損を防ぎ、取りこぼしも少なくできます。

資産運用においてポートフォリオを組む重要性

ポートフォリオを組む重要性は、もう先に書いちゃいましたが、リスク分散と、リターンの取りこぼしを防ぐことができる点です。

一点だけに集中する戦略は、リターンもバカでかいですが、リスクもバカでかいです。

かつ、多様性がないので、他で上がったときに、とりこぼしてしまうといった機会損失を含みます。

一方で、ポートフォリオを組むことで、リスク分散と、リターンの取りこぼしを防げます。

資産運用においてのおすすめのポートフォリオの割合

おすすめは、長期が6割

短期が4割です。

内容は、

・投資信託

・個別株

・コモディティ(金や銀)

・債権

・現金

などと多様性を持たせましょう。

で、ポートフォリオの割合は、正直個人差がありますので、自分にあった割合で組みましょう。

例えば、僕の場合だと、長期6割の中には、投資信託、コモディティ(金や銀)を多めに持ち、短期では、個別株を多めに持つポートフォリオを組んでいます。

この中に少しずつ、コモディティ(金や銀)や債券などをちりばめて、多様性を作るようにしています。

わりと攻めのポートフォリオではありますね。

これは好みや目指すところで変わるので、あなたはどんな資産運用やスピードを求めるのかを知り、それに合わせて作ってみてください。

※投資は自己責任でお願いいたします

それではごきげんよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です