【株式投資】上昇相場で稼ぐために大切な3つのポイント【お小遣い稼ぎのボーナスチャンス!】

どうも個人投資家のHARA(@engineertamago)です。

この記事では、上昇相場の時の株式投資の立ち回り方について書きます。

2020年5月現在は、株式市場は、上昇相場にあります。

HARA

上昇相場の時は、通常相場の時とは、違った動き方をすることで、利益を得やすい時期とも言えるので、稼ぎ方のコツをこっそりと教えちゃいます。

上昇相場の株式投資でのおすすめの立ち回り方は、流れを捉えて波乗りすること

もうやることは至ってシンプルです。

株式投資で、上昇相場が続いているときには、とにかく流れが来ているところに乗っかるだけです。

例えば、一昨日くらいまで、マザーズ指数がかなり上昇相場にありました。

なので、マザーズ市場にあるどの銘柄を買っても、たいていの人は儲かっていたかと思います。(短期)

「右上に上がっている波に乗ることで、その利幅を得られちゃう」

という、いたってかんたんな方法です。

なので、とにかく、上昇相場には、逆張りとかは考えずに、順張りで伸びていくものに乗っかるのがおすすめです。

伸びているものに波乗りはいいけど、爆上げした銘柄は避けて、伸び始めている株や出遅れ株を狙う

この通りで、上昇相場の時って、ガツン!とあがる銘柄が目立つので、どうしてもそういった株に手を出しがちになります。

しかし、それはナンセンスです。

理由は、もうすでにかなり上がってしまっているので、あがる幅が小さいから。

しかも、デカく上がれば、デカく落ちる可能性も高まるからです。

なので、どちらかと言えば、

・今じわじわ上がり始めている

・まだ横ばいだけど、遅れて上がってきそうなもの

の2つを狙うのが、利幅が取れるのでおすすめです。

上昇相場に勝った銘柄は、出口を決めておくべし

この時大切なのは、とにかく出口を決めておくこと。

つまり、買いに入る時点で、どこで売るかを決めておくことです。

なぜなら、上がったものは、必ずと言っていいほど、ドカンと下がる時が来るからです。

割安で買って長期保有のものを除いては、

・いくらになったら利確とか

・相場のトレンドが下降になったら売るとか

ある程度、買いに入るときにルールを決めておくと、利益をおいしく、かつリスクも低く戦えるかなと思います。

HARA
ちなみに、2020年5月の上昇相場は、6月中旬から末くらいまでは続くのかなぁという予想なので、そこまで、波乗りしつつ稼いで行こうかなと思っています。

お互い頑張りましょう。

※投資は自己責任でお願いいたします

それではごきげんよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です