【プチミニマリスト】手放してよかった3つのもの【人生のコスパが劇的に上がった】

どうも、プチミニマリストのHARA(@engineertamago)です。

この記事では、プチミニマリストになってから、手放してよかった3つのものについて簡単に書きます。

プチミニマリストになって手放してよかった3つのもの

過度な食欲

まずは、過度な食欲を捨てられたことです。

僕はもともと大食いでした。

1日3食。

しかも、それぞれ、ご飯2杯以上。

おかずも一緒に食べている人のものももらうくらい食べる。

きっちりデザートも食べる。

間食にはお菓子も食べる。

というような生活を送っていました。

結果、ぶくぶくと太り、身体は重い、精神的にも不安定みたいな状態になっていました。

そこから、プチミニマリストになってからは、1日3食は食べていますが、腹6分、そして体に必要な食べ物のみ食べるようになりました。

これによって、余計な贅肉もなくなり、精神面も安定して、食費も浮いて、食事時間も短縮できて、人生のコスパが上がりました。

3 薄っぺらい人間関係への時間

そして、人間関係も断捨離しました。

今までは、薄い人間関係にも飲み会や付き合いに時間に使っていました。

しかし、相当無駄な時間だと気づき、それをほぼほぼカットするようになりました。

これにより、1回あたり3000円、3時間くらいを浮かせられるようになりました。

HARA

そのお金を投資に回したり、良い物を購入するために使えるようになったので、非常に有意義ですね。

たくさんあった洋服

以前までは洋服が大量にありまして、いつもどれを着ようか、そしてあの服はどこにあるかと、集中力と、時間を無駄遣いしていました。

今は、ほとんど捨てて、お気に入りだけを残しています。

なので、服選びに時間をかけることもないし、悩むこともないので、非常に、ロスタイム、ロスエネルギーなく、生活を送れています。

プチミニマリストは、引き算で生きる

以上のように、3つのものを手放すことで、人生がラクになりました。

そして、一点、プチミニマリスト的な目線を持つようになってからの気づきは、ものや無駄を減らすには、とにかく引き算で考えることが大切であるということです。

無駄な物、よく考えれば不要なものを洗い出して、それを削いで行って、残ったものが本当に必要な物です。

もし、ものや無駄が多くて困っている方は、その洗い出しからはじめてみてはいかがでしょうか。

それではごきげんよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です