【結果出したい!?】やらないことを決めると結果が出やすくなる話

どうも個人投資家とHARA(@engineertamago)です。

この記事では、「やらないことを決めると結果が出る」ということについて書きます。

やった方がいい、やっておいた方がいいを足していくと時間も労力も足りなくなる

よく、

「これをやった方がいい!」

「あれもやっておいた方がいい!」

ということを耳にしますが、まぁ、もちろんこれら大切であること多いんですけど、実際のところ、あれもこれも全部やるのって、時間も労力も足りないですよね?

HARA

物理的に無理で、無理やりやろうとすると体壊したり、全部が中途半端になって、結果につながらないことが多いんですね、悲しいことに。

やらないことを決めると思考、行動の質も結果も変わる

反対に、やらないことを決める。

つまり、引き算で考えて、必要ないことややらなくていいことをやらずに、その中で残ったやるべきことをやるようにする。

そうすると、自ずと結果に現れやすくなります。

なぜか?

やらないことを決めると、思考と行動が研ぎ澄まされるからです。

余計なところに時間も労力も使わなくなるので、本当にやるべきことに集中できるんですね。

例えば、イチローのルーティン(毎日カレー食べる)とか、スティーブ・ジョブズの同じジーパンとシャツを着るルーティンとかですかね。

一流の人ほど、結果を残しているほど、やらないことを徹底しています。

なので、やらないことを徹底しましょう。

もしあれもこれもというふうになって、どっちつかずになっているなら、まずはやらないことリストを作ってみて、思考と行動の無駄を減らしてみるといいかもしれません。

それではごきげんよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です