【初心者】株式投資に向いている人と向いてない人の3つの特徴【個人投資家が解説】

株式投資に向いている人、向いていない人の特徴について知りたい

というあなたに向けて、

この記事では、株式投資向いている人向いていない人の3つの特徴について、かんたんにわかりやすく解説します。

この記事を書いている僕(@engineertamago)は、個人投資家でもともとは株式投資に向いていない特徴も持っていましたが、それを改善したことで、今ではそこそこ資産を増やせています。

なので、ぜひ、あなたが株式投資に向いているかどうかを判断する参考になれば幸いです。

株式投資に向いている人、向いていない人3つの特徴と違い

お金を稼ぐ目的が明確

まず株式投資に向いている人は総じて、

「お金を稼ぐ目的が明確」

です。

まぁ、ゆうても、株式投資は、たくさんのお金を稼ぐ方法の中の一つの手段に過ぎないです。

なので、

・なぜこの株式投資という手段を使い

・お金を稼げたその先に何を目指しているか

明確であるとモチベーション高く、そして、心を強く、継続して株式投資に取り組めます。

結果、株式投資で儲けられる可能性が高いです。

向いていない人は、この逆で目的が曖昧な人です。

多分、すぐ挫折します。

経済や金融、ビジネスに関心がある

株式投資に向いている人は、経済や金融、ビジネスに興味関心があります。

理由はそのままですが、

「好きこそものの上手なれ」

ということわざの通りです。

好きなものは勝手に勉強したり、知ろうとします。

なので、楽しみながらもものすごいスピードで知識吸収や実力がついていくんですね。

向いていない人は、経済、金融、ビジネスのどれにも1ミリも興味のない人ですね。

HARA

別の手段でお金を稼いだ方がマシかもです。

感情のコントロールが得意

感情のコントロールができる人です。

株式投資は、一定の知識と経験が積み上がってきたあとは、わりとメンタルゲーだったりします。

お金を入れて、その価格が乱高下するのが株式投資です。

なので、その状態を見ていても冷静を保ち、正確な判断ができるかどうかで、投資結果が変わります。

感情を抜いて、たんたんとマネーゲームができる人に向いています

向いていない人は、この逆で感情に振り廻られまくったり、恐怖感の強い人です。

やらない方がいいですね。

「今」向いていない人でも、株式投資でお金を稼げる可能性はあります

向いている人は、そのまま、知識と経験を積めば儲けられる可能性は高いです。

なので、本やブログで学び、小さく実践をしてみましょう。

一方で、「今」向いていない人でも実は、改善は可能です。

好きかどうかを変えるのは難しいかもですが、目的の明確化や感情コントロールの訓練などはできます。

なので、上にあげた2つ以上を向いているに変えることは十分に可能です。

なので、

向いていない特徴が多いけれど、頑張りたいんだ!」

という人は、ぜひ改善をしつつ、勉強と小さく株式投資をやっていくのがおすすめです。

HARA

LINE証券なら、スマホでかんたんにかつ、数百円、数千円からできるので、初心者デビューには、とてもおすすめです。

ぜひあなたの未来を豊かにすることができるといいですね、一緒に頑張りましょう。

投資は自己責任でお願いいたします

それではごきげんよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です